しあわせを感じるとき。

しなやかに、マイペースに、自分らしく生きていく

幸運を呼び込む?靴への感謝がもたらす効果

エビリファイの服用により現われた変化 

 

遅くとも9時までに起床できるようになる 

エビリファイを飲み始めてからドーパミンが出るようになったのか、3日目あたりから、何時に寝ても9時までにはベッドから出られるようになりました。

 

エビリファイは、もともと統合失調症の治療薬でしたが、2013年に抗うつ剤で効果が不十分なうつ・うつ状態にも摘要が拡大されています。

 

脳からの指令に身体がついていかなくなる

喜ばしいことではありますが、飲み始めたばかりの頃は今よりも体力がなかったので、脳からの指令に身体がついていかない感覚が続きます。そして、指令に合わせて活動した結果、どっと疲れを感じるということを繰り返していました。

 

じっとしていられなくなる

さらに、副作用のアカシジアではないかと思うくらいじっとしていられず、部屋の片づけをしたり、下駄箱の整理や靴磨きをしてみたり・・・

 

変化の副産物と新たな習慣

 

3週間続いている習慣

今は落ち着かない感じはなくなり、体力も徐々に回復されてきたのですが、その頃から始めて、3週間ほど続けている習慣があります。 それは・・・

 

f:id:feelhappynow:20190802134957j:plain 

 

外から帰ってきたら靴にブラシをかけ、靴の底も拭いてから、下駄箱にしまうこと。

 

靴の汚れが落ち、厄落としにもなるのではないかと思いますが、それだけではなく、なぜか靴に対して感謝の気持ちが出てくるのです。

 

下駄箱の中の風水

風水的に、玄関の厄落としは大切なものとされています。厄落としがしっかりできていると、玄関に入っただけで癒され、家の中全体が明るい雰囲気になるといいます。今回は、下駄箱の中の風水として、大切なチェックポイントを5点ご紹介したいと思います。

 

1.古い靴や履いていない靴がないか

古い靴には、過去の記憶や気が溜まると言われています。私は傷んで履かなくなった靴や、まだそれほど傷んでいない靴でも、2年履かなかった靴は処分するようにしています。自分の中で期間を決めて、1年に1回は処分する機会を設けるといいかもしれません。

 

2.下駄箱の中を掃除しているか

先ほどご紹介したように、帰ってきたら靴の裏を拭くということを習慣にすると、下駄箱の中も汚れにくくなります。そうは言っても汚れないわけではありません。大地に触れるものの掃除は、水拭きが基本だそうです。外から持ち帰ってきた運を、塩水で拭き掃除するようにしましょう。

 

3.風通しをよくしているか

下駄箱は、悪い気がこもりやすい場所です。普段は閉めている扉を、週に一度は開けて、一定時間、風を通すようにしましょう。

 

4.浄化作用のあるものを入れているか

悪い気は、下駄箱の下の方に溜まりやすいものです。一番下の段には、気を浄化するために、炭や重層などを置くとよいとされています。私は、備長炭の入った除湿剤を置いています。梅雨や夏は湿気が溜まりやすいので、除湿剤を入れることもおすすめします。

 

5.靴底を拭いて出かけているか

先ほどご紹介したのは、帰ってきてから靴底を拭くというものでしたが、出かける時に拭くことでも、運気が上がるようです。大事な用事があるときなどにおすすめです。いずれにしても、こまめに靴底を拭くことが大切とされています。毎日のこととなると、面倒に感じられるかもしれませんが、ウェットティッシュを使うと便利です。

  

自然と生まれた感謝の気持ち

以来、靴の手入れをしながら、心の中で「今日もありがとう」と言うようになりました。靴を履くときも、「今日もよろしく」と言っています。

 

ちょっと気持ち悪いでしょうか?(笑)

 

でも、実践している方もいらっしゃるのではないでしょうか。靴を玄関に出しっぱなしにしないことは、風水的にも大事だそうです。そして、何より清々しい気持ちになる、おすすめの習慣です。