しあわせを感じるとき。

しなやかに、マイペースに、自分らしく生きていく

南アフリカでしか育たない!?多くの疾患の原因となる活性酸素を除去する【ルイボスティーの効果】を知る

f:id:feelhappynow:20190902122951p:plain

はじめに

 

カフェインがなく、抗酸化作用があるとされているルイボスティー。家庭だけでなく、カフェやレストランなどでも飲むことができるようになり、日本でも愛飲者が増えています。産地の南アフリカでは、「不老長寿のお茶」として古くから重宝されています。

 

そのルイボスティーの効果について、医学的に解明されていることを中心にまとめました。

 

ルイボスティーとは

 

南アフリカでしか育たないルイボスティー

ルイボスは、南アフリカのセダルバーグ山脈一帯に自生するマメ科の植物です。昼と夜の気温差が30度以上もある厳しい環境で育ち、木が育つと1.5mになるのに対し、根は10mにも伸びるそうです。南アフリカは世界で最も日照時間が長い地域で、土壌が乾燥しているため根が深く伸びるのです。

 

また、アフリカ大陸南部は地球上で最も古い地層からなっており、ミネラルが豊富です。ルイボスは、その地層に含まれる豊富なミネラルを吸収して無農薬で栽培されています。ルイボスは、乾燥すると葉が赤茶色になることから、現地語で赤い薮と言う意味の「ルイボス」と呼ばれるようになりました。

 

ルイボスティーが多くの疾患に効くため、オーストラリアやカリフォルニアでも栽培が試みられたものの、いずれも失敗に終わったそうです。ルイボスは、なぜか世界中でも南アフリカの西ケープ州セダーバーグという地域でしか育たないのです。

 

ルイボスティーの効果・効能

 

成分とその作用について

ルイボスティーには、人間の身体に必要な成分であるミネラル(マグネシウム、カリウム、ナトリウム、カルシウム、亜鉛など)が豊富に含まれています。また、脂肪の酸化を抑える抗酸化作用活性酸素を取り除くスカベンジ作用があることがわかっています。

 

近年、私たち人間のさまざまな病気の原因の1つに、活性酸素があるということが知られています。直射日光の下で育つ植物にも活性酸素は生じますが、それによって枯れることはありません。それは植物が体内に活性酸素を中和する物質を備えているからだそうです。私たちは栄養の観点から野菜を摂取していますが、活性酸素を除去する上でも重要なことなのです。

 

活性酸素を除去する植物は数多く存在しています。しかし、コーヒー、紅茶、緑茶などには多くのカフェインとタンニン、そして農薬が含まれています。カフェインの取り過ぎは、興奮や緊張、不眠、高血圧、痛風、リウマチにつながります。また、タンニンは体に必要なミネラルと結合してしまうため、取り過ぎると代謝機能に影響を及ぼすといわれています。一方、ルイボスティーには、カフェインも農薬も含まれておらず、タンニンの量も少なくなっています。

 

医学的な解明

ルイボスティーの医学的解明のため、過去に数ヶ月にわたりさまざまな実験や、検査が行われました。実験を行ったのは、丹羽免疫研究所の所長で、土佐清水病院の院長でもある丹羽耕三氏です。丹羽氏は、発癌の大きな原因の一つである活性酸素とその防御酵素であるSODの研究を長年にわたって行っているそうです。

 

その実験や検査の結果、ルイボスティーには、痛み、腫れ、発熱といった一般の炎症反応に加えて、喘息などのアレルギー疾患にも効果が期待できるという結果が得られたそうです。

  

具体的な効能

活性酸素が関与しているとされる疾患に効果があるとされるルイボスティーですが、そのいくつかの効能を例に挙げたいと思います。

 

便秘

ルイボスティーの効果が一番早く現われるのが便秘です。1日2杯のルイボスティーで、2、3日で効果が現われたという検証結果もあり、ルイボスティーには整腸作用があるとされています。

 

食欲異常

脳の中枢神経に働いて精神を安定させたり、落ち着かせたりする働きや、満腹感を感じさせる働きがあります。したがって、飲み続けることで、ストレスなどからくる食欲異常を自然と抑えることができるといいます。

 

皮膚疾患、アレルギー

アレルギー反応を惹き起こす原因であるヒスタミンを抑える力があることがわかっています。即効性は低いものの、痒み、発疹、喘息、鼻炎などのアレルギー性疾患に対してゆっくりと効くようです。

 

高血圧

高血圧予防としては、塩分(ナトリウム)の摂取を抑えることが代表的です。ルイボスティーに含まれるカリウムには、取り過ぎたナトリウムと合体してナトリウムを減少させる効果があります。

 

糖尿病

糖尿病の発症にも深く関わっているとされている活性酸素を除去し、血糖値を下げて正常にする働きがあります。

 

白内障

ビタミンEなどの抗酸化剤で過酸化物質の生成を抑えることによって、白内障の進行が抑えられるといいます。実際にルイボスティーで症状が軽くなったという報告がされているそうです。

 

おわりに

 

水以外の飲み物を飲もうと思ったとき、皆さんは何を飲んいるでしょうか。1日に何杯も飲んでいるコーヒーや緑茶、ジュースなどをルイボスティーに換えるだけで、さまざまな効果を得ることができるかもしれません。

 

私自身は、カフェインが入っていないから、抗酸化効果があるからと、何気なくルイボスティーを飲んでいましたが、その効果の大きさを改めて知り、日常的に上手く取り入れていきたいと思っています。 

 

ご参考までに、これまでさまざまなルイボスティーを試してきた中で、一番飲みやすく美味しいと感じたルイボスティーをご紹介します。Twitterで【今日の一杯】として投稿していますが、純粋なルイボスティーの他に、グリーンルイボスや、カモミールやローズマリー、バニラ、アールグレイなど、他のお茶がブレンドされたり、香料が入っているものもあります。

 

こちらはお得な80P入りですが、純粋なルイボスティー以外は20P入りのものがスタンダードで、成城石井では600円程度(税込)で購入できます。

 

f:id:feelhappynow:20190902124106j:plainバーゲンダル 有機ルイボスティー 80P入 200g 1,740円 

 

 

参考資料:

「ルイボスティーのすべて」/日本SOD研究会

ルイボスティーについて丹羽博士のコメント