しあわせを感じるとき。

しなやかに、マイペースに、自分らしく生きていく

【人と触れ合うこと】セロトニンを活性化させて元気になる3つの方法(3)

f:id:feelhappynow:20190910001825p:plain

人と触れ合ってセロトニンを活性化させる方法

 

これまで、セロトニンを活性化させる2つの方法を紹介してきましたが、今回ご紹介する「人と触れ合うこと」は、セロトニンをもっとも活性化させることがわかっているそうです。ここでいう「人と触れ合うこと」は、“恋人と手をつなぐ” “落ち込んでいるときに肩を叩く” “赤ちゃんを抱く”という直接的な触れ合い、そして直接触らなくても“会話をする”という心の触れ合いも含んでいます。中でも効果的なのは、直接触れ合うスキンシップです。

 

マッサージでの触れ合い

人にマッサージをしてもらったり、エステで施術を受けたりすることで、セロトニンが活性化されます。触れる場所は、全身はもちろんですが、背中だけ、足だけ、手だけといった部分的なマッサージでも効果はあるそうです。また、自分で自分に触れることにも効果はあるため、セルフマッサージを行うのもいいでしょう。ただし、マッサージ機の場合は、血流がよくなるだけでセロトニンの活性化にはつながりません。必要なのは「触る」ことです。

 

マッサージは、される側だけでなく、マッサージするほうのセロトニンも活性化されます。マッサージ師の方によると、長時間やってもあまり疲れず、むしろ癒されているのだそうです。

 

さらに、ペットを撫でることでもセロトニンが活性化されます。撫でるのはペットのためだけではなく、実は自分のためでもあるのです。撫でることには、リラックス効果やストレス解消効果があるといわれています。

 

家族や友人とおしゃべりする時間をつくる

スキンシップがなくても、コミュニケーションを取るだけでも“オキシトシン”が分泌されることがわかっているそうです。オキシトシンは「愛情ホルモン」で、セロトニンを活性化する効果があります。ただし、コミュニケーションを取る相手は、リラックスして無理なく触れ合える気の置けない仲の人に限ります。

 

また、ボアンティアへ参加することでもセロトニンが活性化されます。人のために何かをやるという行為をすることで、オキシトシンやセロトニンが活性化されるといいます。

 

「触れること」がなぜ大切なのか

 

人に「触れること」で、脳から“オキシトシン”というホルモンが分泌され、そのオキシトシンがセロトニンを活性化しています。

 

オキシトシンは、出産や子育てにも関わっているホルモンです。しかし、20年近く前に、オキシトシンは広い意味のスキンシップによっても分泌され、母子関係に限らないということがわかっています。オキシトシンは、未婚の女性でも、男性でもスキンシップで分泌されるのです。なお、男性でオキシトシンがよく分泌されるのは、女性とスキンシップを取るときだそうです。つまり、オキシトシンは、親子や男女に関係する「愛情ホルモン」なのです。

 

最近では、親子や男女以外の、人と人との触れ合いでもオキシトシンが分泌されることがわかってきています。女性であれば、一緒にお茶をんだり食事をしながら「おしゃべり」をする、井戸端会議や立ち話をするなど、ゆるめの触れ合いでも効果があるそうです。そのときには、なるべく近いところで話したり、相手の手に触れてみたりすると、より効果が高まります。

 

さいごに

 

今回は、3回にわたって“セロトニンを活性化させて元気になる3つの方法”をご紹介しました。参考にさせていただいたのは、セロトニン研究の第一人者である有田秀穂氏の著書“女30代からの「ストレス」を上手に消す方法”です。なんとなく理解していたセロトニンの効果について、より具体的に理解することができました。ご紹介したセロトニンを活性化させる方法は、日常の中で少し意識すればできることばかりです。ぜひ日常生活に取り入れ、実践してみていただければと思います。