しあわせを感じるとき。

しなやかに、マイペースに、自分らしく生きていく

作法の意味を考えながら振り返る「正しい神社の参拝方法」

f:id:feelhappynow:20190918120955p:plain

はじめに

  

前回は、お寺の参拝方法について、改めて確認しました。一方、神社はどうでしょうか。日本人といえども、正しい参拝方法が身についていないという方は、まだまだ多いようです。外国人観光客が増えるなか、日本人として手本となるような作法を身につけておきたいものです。参拝に集中するためにも、ぜひ改めて振り返ってみましょう。

 

神社の参拝方法

 

鳥居の前で一礼する

 鳥居は、俗界と神様のいる聖域との境目を示すもの。

  • 身だしなみを整え、敬意を表して一礼する ※この際、帽子は取ること
  • 参道上に複数の鳥居がある場合は、一の鳥居から順番にくぐる

 

参道の中央を避けて歩く
  • 参道の中央は、「正中」と呼ばれる神様の通り道
  • 人は、正中を避けて左右の端を歩くのが作法

 

手水舎で手と口を清める

【手順】

  1. 右手で柄杓を持って水をすくい、左手に水をかけて清める
  2. 柄杓を左手に持ち替えて、右手に水をかけて清める
  3. 右手に持ち替え、左手で水を受けて口をすすぐ(すすいだ水は吐き出す)
  4. そのまま左手をもう一度水で清める
  5. 最後に柄杓を立てて、残った水で柄杓の柄を清める

 

拝殿に参る

f:id:feelhappynow:20190918121210p:plain

手荷物を下ろす

  • 参拝で礼をする際には、手荷物を持ったままではなく地面に置くようにする

 

お賽銭を入れ、鈴を鳴らす

  • お賽銭は、神様へ捧げるもの
  • 金額に決まりはない
  • 大きな音を立てたり、投げ入れたりしないよう注意して入れる
  • 鈴がある場合は、お賽銭を納めた後に鳴らす

 

「二礼二拍手一礼」

【二礼】

  • 拝殿・本殿を向いて、深く2回お辞儀をする

 

【二拍手】

 拍手には、敬い拝む、和合という意味がある。

 

  • 胸の高さで2回拍手をする。その際、右手を少し引き、ずらして打つ

   両手を合わせず右手を少し引くのは、神様と人はまだ一体ではなく、

   神様より一歩下がることで、神を敬い讃える心を表しているといわれているため

 

  • その後、指先をそろえ、神様への感謝と祈願の言葉を唱える

 

【一礼】

  • 願いを聞いていただいた感謝の気持ちを込めて、1回深くお辞儀をする

 

境内から退く
  • 鳥居の前で、本殿に向き直り一礼する
  • 御朱印をいただく場合は、参拝後に受ける

 

出雲大社の「二礼四拍手一礼」

 

出雲大社では、「二礼四拍手一礼」が正式な参拝方法となっています。四拍に関しては、古来より無限の数を表す「8」を基準に考えており、普段はその半分の「4」を持って神様をお讃えするという作法を定めているそうです。

 

毎年5月14日の例祭(勅祭)では、特別に「二礼八拍手一礼」を行っています。出雲大社だけでなく、大分県の宇佐神宮や新潟県にある弥彦神社も「二礼四拍手一礼」が正しい参拝方法とされています。

 

「二礼二拍手一礼」はいつから始まったのか

 

もともとは、明治8年に式部寮から頒布された「神社祭式」に、「再拝拍手」と記されたところから始まっているようです。

 

「再拝拍手」から始まり、「再拝→祝詞奏上→再拝」や「再拝、祝詞奏上、再拝、二拍手、一拝」など、その時代や祭事を任された人物、定義づけした機関によって、新たな作法の考案や改良が行われていきました。

 

その後、神社祭式行事作法に幾度かの改訂がなされ、昭和23年に改訂された段階で「二礼二拍一礼」が正式な拝礼作法となったとされています。

 

おわりに

 

何気なく行っている参拝も、その目的や理由を知ると覚えやすいかもしれません。また、参拝させていただくことに感謝の気持ちを持つと、自然と丁寧な作法になるものです。一連の作法を、迷わず自然に行えるようになると、気持ちも穏やかに落ちついて参拝ができるのではないでしょうか。